【ヤフショ】本日のキャンペーンまとめ>> エントリーへ

楽天家族カードで4000ポイントがもらえるキャンペーンはいつ?

楽天家族カードで4000ポイントもらえるのはいつ?

年に数回、楽天カードの家族カード作成で4000ポイントまたは3000ポイントがもらえるキャンペーンが開催されます。

そこで今回は、楽天家族カードのポイントプレゼントキャンペーンがいつ開催されたのか、どんな条件を達成すればもらえるのかなどをまとめてみました。

また、家族カードのメリット・デメリットもまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お得な情報★

\ クリックでページに飛べます /

\ 今すぐチェック! /

11/17~CPN

\ クリックでページに飛べます /

この記事を書いた人
  • 楽天お得情報には自信あり!
  • 楽天愛用歴10年以上
  • 楽天100万ポイントゲッター
タップできる目次

楽天家族カード作成で2000ポイントは1000ポイントへ改悪

ivent

2021年までは、楽天カードの家族カード発行でもらえるポイントが2,000ポイントでした。

内訳は、発行で1,800ポイント、家族カード利用特典で200ポイントです。

しかし2022年になり、いつの間にかもらえるポイントが減っていました。

キャンペーンが開催されていなければ、楽天カードの家族カード発行でもらえるポイントは「1,000ポイント」です。

家族カード作成でもらえるのは
通常1,000ポイント

しかし、期間によっては1,000ポイント以上もらえることもあります。

そこで以下に、過去2000ポイント、3000ポイント、4000ポイントとなった日程をまとめてみました。

楽天の家族カード作成で4000ポイントもらえるキャンペーンはいつ?

ポイントが貯まる

通常もらえるポイントが1000ポイントとなったものの、たびたびお得なキャンペーンが開催されるようになりました。

2022年には、4回のキャンペーンが開催されています。

2022年9月のキャンペーンでは、なんと4000ポイントがもらえるキャンペーンも開催されましたよ!

以下に日程一覧を記載しておきます。

楽天家族カードで「4000ポイント」キャンペーンの過去開催日程

開催日程ポイント
2022年3月15日~
2022年3月25日
3,000
2022年5月16日~
2022年5月26日
2,000
2022年9月12日~
2022年9月26日
4,000
2022年11月14日~
2022年11月28日
3,000

だいたい3ヶ月に1回ペースでキャンペーンの開催が期待できそうです。

2022年11月のキャンペーンを逃した場合は、2023年春頃にキャンペーンがないか探してみると良いかも知れませんね。

3000ポイントをもらうための条件

楽天家族カードのキャンペーンでは、カードを作成するだけではポイントがもらえません。

例えば3000ポイントをゲットするためには、

「届いた家族カードをカード利用期限内に1回以上利用する」

ことが条件となっています。

2022年11月のキャンペーンの場合は、以下のようぶカード利用期限が設定されていますよ。

対象期間2022年11月14日(月)10:00~
2022年11月28日(月)9:59
カード利用期限2022年11月14日~
2022年12月31日
特典3,000ポイント 
(期間限定ポイント)
ポイント
進呈予定日
家族カード発行日から
3カ月後の月末頃
進呈対象対象期間中にお申し込みが完了し
2022年11月30日23:59までに
家族カードの発行が完了した本カード会員

楽天家族カードのデメリットは?

cloud-mark

楽天の家族カードを作るなら、事前にメリットとデメリットを理解しておくのが大切です。

まずは、楽天家族カードのデメリットを以下にまとめました。

楽天家族カードのデメリット
  • 本カードの利用額を共有しなければならない
  • 本カード保有者に利用内容が分かる
  • クレジットヒストリーが育たない
  • ETCが付帯されない
  • ポイントの移行に手間がかかる
  • 入会ポイントが少ない
  • デザインや国際ブランドを選べない
  • Edyにオートチャージできない

楽天家族カードのデメリット①本カードの利用額を共有しなければならない

家族カードの利用額は、本カードの利用額内になります。

そのため、2つのカードで利用額を共有することになります。

家族カードで使う分、本カード保有者の利用金額が小さくなるのはデメリットと言えるでしょう。

楽天家族カードのデメリット②本カード保有者に利用内容が分かる

家族カードの利用明細はe-NAVIから確認できます。

家族カード保有者が確認できる明細は、家族カードの利用歴のみです。

一方で本カード保有者は、本カードの利用明細+家族カードの明細も確認できます。

全ての利用歴が把握できるので、例えば妻がこっそり夫のためにプレゼントを用意していても、夫が本カード保有者だとバレてしまう可能性があります。

楽天家族カードのデメリット③クレジットヒストリーは育たない

家族カードは本カードに付帯されたカードなので、家族カード保有者のクレジットヒストリーは育ちません。

クレジットカードの利用歴がないと信用の判断基準がなく、クレジットカード作成時の審査に不利になる可能性があります。

楽天家族カードのデメリット④ETCは付帯されない

家族カードにETC機能を搭載することはできません。

一家族で複数台の車を所有している方も多いでしょう。

ETCカードが複数枚必要な場合は、他のETC機能付きのカードを作るしかありません。

楽天家族カードのデメリット⑤ポイントの移動に手間がかかる

家族カードを作るメリットとして、ポイントを家族へ移動できるという点があります。

しかし、移動させるためには事前に「家族でポイントおまとめサービス」に加入が必要です。

簡単にポイントを移行できるわけではなく、手続きが必要で手間がかかります。

また、移動できるポイントは通常ポイントのみで、期間限定ポイントは移動できません。

楽天家族カードのデメリット⑥入会ポイントが少ない

楽天カードの入会ポイントは、キャンペーンで5,000〜8,000ポイントと大量のポイントがもらえます。

また、2枚目のカード作成でも最大は6,000ポイントです。

その一方で、家族カードは多くても3.000ポイントとかなり少ないため、カード作成時にもらえるポイントが少ないことはデメリットとして挙げられるでしょう。

楽天家族カードのデメリット⑦デザインやカードブランドを選べない

楽天カードは豊富なデザインや、カードブランドを選択できますが、家族カードは本カードと同じデザイン・カードブランドしか選択できません。

楽天家族カードのデメリット⑧Edyにオートチャージできない

家族カードでも楽天Edyなどの電子マネー搭載は可能です。

しかし、電子マネーを搭載した家族カードであっても「オートチャージ」機能は利用できません。

楽天家族カードのメリットは?

sun-mark

楽天家族カードのメリットを以下にまとめました。

楽天家族カードのメリット
  • 家計の支出を簡単に管理できる
  • 家族カードも楽天ポイントが付与される
  • SPUも対象
  • ポイントは家族間で共有できる
  • ふるさと納税で活用できる
  • 主婦や学生も保有しやすい
  • 海外旅行損害保険が利用できる
  • 通常よりも年会費が安くゴールドカードが保有できる
  • 同性パートナーも家族カードは作れる

楽天家族カードのメリット①家計の支出を簡単に管理できる

本カードと家族カードの引き落とし口座は同じなので、お金が出ていく場所を一か所にまとめられます。

「複数の口座から引き落としがあるから、管理が面倒くさい!」

「引き落とし金額の把握漏れが無いか心配」

このような方にとって、支出管理の手間や、把握漏れを省ける家族カードはおすすめです。

楽天家族カードのメリット②家族カードも楽天ポイントが付与される

楽天家族カードも本カード同様に、利用額1%の楽天ポイントが付与され、ポイントは本カード保有者の楽天IDに貯まります。

例:1か月の利用額「夫:7万円、妻:3万円」の場合

夫、妻の合計利用額は合計10万円に。
1,000ポイントが本カード保有者の楽天IDに付与される。

楽天家族カードのメリット③SPUも対象

家族カードは、最大16倍までポイント還元率が上がるSPU(スーパーポイントアッププログラム)も対象です。

楽天家族カードを利用し、楽天市場でお買い物をすると「通常ポイント1%+カード利用2%の合計3%還元」で、お得にお買い物ができますよ。

楽天家族カードのメリット④ポイントは家族間で共有できる

本カード保有者の楽天IDに付与されるポイントは、家族間であれば共有が可能です。

家族間でポイントを共有すれば、効率よくお得な買い物ができますね。

楽天家族カードのメリット⑤ふるさと納税で活用できる

家族カードはふるさと納税の支払いもでき、ポイントも付与されます。

「収入が多い夫の口座から、ふるさと納税の支払をしたい」

このような方もいらっしゃると思います。

しかし、ふるさと納税は寄付者とカード名義人が同一でないといけません。

そんなとき家族カードは有効です。

妻の家族カードで支払いをすれば、「寄付者=カード名義人」にできるからです。

楽天家族カードのメリット⑥主婦や学生も保有しやすい

収入がない主婦や学生でも保有しやすいクレジットカードが「家族カード」です。

家族カードは楽天カードに付帯する形で発行されます。

そのため、審査に通らないということはほとんどありません。

よっぽど本カード保有者のクレジットカードヒストリーが悪くない限りは発行できるため、収入がない方がクレジットカードを所有できるというメリットがあります。

楽天家族カードのメリット⑦海外旅行損害保険が利用できる

楽天家族カードには海外旅行損害保険も付帯されています。

最高で200万円の保証を受けることができるパワフルな保証です。

楽天家族カードのメリット⑧通常よりも年会費が安くゴールドカードが保有できる

楽天ゴールドカードは2,200円、プレミアムカードは11,000円の年会費がかかります。

しかし、ゴールドカードやプレミアムカードに付帯した家族カードを作れば、ともに年会費550円でゴールドカードやプレミアムカードを持つことが可能です。

「夫か持っている楽天ゴールドカード、何かとメリットが多いから私も作ろうかしら」

このように検討中のかたは、家族カードをおすすめします。

楽天家族カードのメリット⑨同性パートナーでも家族カードは作れる

楽天家族カードは、楽天カードを保有している方の生計を同一にしている配偶者・親・子ども(18歳以上)であれば発行できます。

同性パートナーであっても、生計が同一であれば家族カードの作成は可能です。

その場合、家族カードをつくるパートナーの区分は「配偶者」を選択します。

このように、楽天の家族カードにはメリットもデメリットもあります。

それぞれ理解した上でカードを発行するかどうか今一度考えてみてくださいね。

楽天の家族カードが届いたらすることは?

初心者マーク

家族カードは、届いたらすぐに利用可能です。

ただし、家族カードの利用ポイントを付与するためには、楽天e-NAVIに登録しないといけません。

楽天e-NAVIに登録するときは、家族カード名義人の楽天IDでログインし、e-NAVI利用開始手続きをします。

すでにe-NAVIに登録している方は、届いた家族カードをe-NAVIに追加登録をしてください。

楽天カードに関する記事一覧

楽天カードに関する以下の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次