【ヤフショ】本日のお得まとめ>> エントリーへ

PayPayカードにブラックカードやプラチナカードはある?

当ページのリンクには広告が含まれています。
PayPayカードにブラックカードはある?

2022年11月には、PayPayカードゴールドが誕生しました。

PayPayカードにブラックカードやプラチナカードはあるのか、そもそもPayPayカードの種類は何種類あるのかなど、気になるPayPayカードに関する話題を解説していきます。

お得な情報【PR】

本日のお得なクーポン

\ クリックでページに飛べます /

\ クリックでページに飛べます /

\ ポイント還元率UP! /

\ 日曜日がお得!/

\ ポイント高還元! /

3月31日(日)まで

\ ページ先で対象かどうか確認! /

\ クリックでページに飛べます /

倍倍ストア

\ クリックでページに飛べます /

この記事を書いた人
  • ネット通販のお得情報に自信あり!
  • ネット通販マニア歴10年以上
  • PayPay経済圏のお得が大好き!
タップできる目次

PayPayカードにブラックカードやプラチナカードはない

PayPayカードには、2023年9月時点で「ブラックカード」や「プラチナカード」は存在しません。

そもそもPayPayカード自体が黒色のデザインなので、ブラックカードであると勘違いする人が多いようです。

しかし、PayPayカードのデザインはこの色しかありません。

デザインはたったの2通りで、「縦型」か「横型」のみとなっています。

PayPayカードはブラックカードに見える!カッコイイと好評

caution

PayPayカードは色が黒いため、「ブラックカード」と一瞬勘違いする事案が多発しています。

Twitter上にも、「PayPayカードはブラックカードみたいだ」と発言する人が何人もいます。

https://twitter.com/ratok_7/status/1564443543753568257
https://twitter.com/KirakiraEw/status/1596490325136052229
https://twitter.com/travel_lover_r3/status/1512796152969986053

PayPayカードはデザインがシンプルでカッコイイとかなり好評の様子です。

知らない人から見ればブラックカードにも見えますし、「モテそう」なクレジットカードですね。

縦型も横型も両方カッコイイです。

PayPayカードは2種類のみ

初心者マーク

PayPayカードの種類は、

  • PayPayカード
  • PayPayカードゴールド

の2種類のみとなっています。

PayPayカードとPayPayカードゴールドの特徴は、以下の通りです。

比較項目PayPay
カード
ゴールド
PayPay
カード
基本還元率
(200円ごとに付与)
1.5%1%
PayPayあと払い
の還元率
2.0%1.5%
Yahoo!
プレミアム
使い放題
スマホ通信料で
ポイント還元
最大10%最大1.5%
ネット通信料で
ポイント還元
最大10%最大1%
でんき料金で
ポイント還元
最大3%最大1%
海外旅行保険最高1億円
国内旅行保険最高5,000万円
ショッピング
ガード保険
最高300万円
空港ラウンジ
無料利用
年会費11,000円永年無料
ブランドJCB
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
デザインの種類よこ型よこ型
たて型
ETC年会費無料550円
家族カード
3Dセキュア
Apple Pay
利用速報
ナンバーレス
入会キャンペーン最大7,000円最大7,000円
※価格はすべて税込

ポイントは利用金額税込200円ごとの付与

PayPayカードゴールドのメリット・デメリットに関しては、以下の記事にまとめてありますのでこちらをご覧ください。

PayPayカードのブラックカードやプラチナカード提供開始予定は?

calendar

PayPayカードはそもそも「Yahoo! JAPANカード」が切り替わったもの。

2021年12月1日(水)に提供が始まったばかりです。

また、PayPayカードゴールドは2022年11月24日(木)より提供が始まりました。

つまり、PayPayカード自体、日が浅いのです。

しかし、これまではなかったゴールドカードの提供が2022年に始まったことで、今後はブラックカードプラチナカードの提供も期待できそうです。

メインカードの1年後にゴールドカードの提供が始まった経緯をみると、ブラックカードやプラチナカードの提供はさらに1年後などになることが予想されます。

カードの種類提供開始日
PayPayカード2021年12月1日
PayPayカード
ゴールド
2022年11月24日
PayPayカード
ブラック/
プラチナ
2023年冬頃
と予想!

PayPayカードのブラックカード年会費予想

tips

PayPayカードにブラックカードができた場合、年会費がどれくらいになるのかを予想してみました。

ブラックカードと言えば、クレジットカードのなかでも最高ランクに位置づけされているカードです。

一般的には、以下のようなステータスになっていますよ。

ブラックカード★★★
プラチナカード★★
ゴールドカード
一般カード

例えば楽天カードの場合、それぞれのカード年会費は以下のようになっています。

カードランク年会費
楽天ブラックカード33,000円
楽天プレミアムカード11,000円
楽天ゴールドカード2,200円
楽天カード永年無料

楽天のゴールドカードやブラックカードは他社のカードよりも年会費が安くなっています。

「楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」、「楽天経済圏」と「PayPay経済圏」というように、楽天とヤフーは常にライバル関係にあります。

そのため、PayPayカードにブラックカードができれば、楽天ブラックカードと同じくらいの年会費になることが予想されるでしょう。

ちなみに、有名なブラックカードの年会費一覧は以下の通りです。

カード年会費
アメリカン・エキスプレス
・センチュリオン・カード
385,000円
ラグジュアリーカード
ゴールド
220,000円
ダイナースクラブ
プレミアムカード
143,000円
スルガ VISA
INFINITEカード
132,000円
ラグジュアリーカード
ブラック
110,000円
ラグジュアリーカード
チタン
55,000円
JCBザ・クラス55,000円
楽天ブラックカード33,000円

ブラックカードの年会費は、10万円くらいが平均とも言われています。

その分、特典があるわけですが、そもそも招待が無ければ作れないことがほとんどですし、これだけの年会費を支払うとなると作る人はかなり限られるでしょう。

PayPayのブラックカードができたときには、損益分岐点やどんな人ならお得に活用できそうなのかを解説したいと思います。

PayPayカードに関する記事一覧

以下のPayPayカードに関する記事も、この機会にぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次